ニュース

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. ニューストップ
  3. エンジニア・クリエイターが今知りたい実践的な講習を自宅で受講できる "VRChat"を活用した「ATL広尾バーチャル勉強会」を実施

エンジニア・クリエイターが今知りたい実践的な講習を自宅で受講できる "VRChat"を活用した「ATL広尾バーチャル勉強会」を実施

株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:清水淳、以下リクルートテクノロジーズ)が運営するオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」(以下ATL)では、VRChatを活用したエンジニア・クリエイター向けの勉強会を定期開催しています。この勉強会はATL客員研究員(※)が主催するもので、ATLの施設や機材を活用して行われています。

※ATL客員研究員:ATLの施設・設備を利用することのできる会員のこと。事前審査等を要さず、無料で会員登録することができる。

■“VRChat”を活用した勉強会に自宅からでも無料で参加できる「ATL広尾バーチャル勉強会」

ATL客員研究員が主催する「ATL広尾バーチャル勉強会」は、2018年4月22日から始まり、月に2回のペースで開催されています。近年、急速に活用が広がりつつあるVRですが、VRChatを用いての本格的な勉強会はまだ事例が多くありません。そんな中、ATL広尾バーチャル勉強会は、各回、約15名のエンジニアやクリエイター、学生など様々な参加者が集まり、勉強会のテーマとなる知識や意見を交換して盛り上がっています。
この勉強会の最大の特徴は、PC環境さえあれば会場まで足を運ぶ必要がなく、自宅から勉強会へ参加することが可能な点です。勉強会の日時と内容は、事前に主催者のTwitterアカウントにて発表されます。事前に勉強会のスライドも共有されるので、どんなテーマで行われるのかを把握した状態で参加ができます。

■無料のオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」、客員研究員になるとできることとは?

ATLは、2017年6月にリクルートテクノロジーズが公開した無料のオープンイノベーションスペースです。事前審査等を要しない会員登録をするだけで、「ATL客員研究員」として利用可能です。
この「ATL客員研究員」登録を行うことで、スペースだけでなくATLが取り揃えるVRやモーションキャプチャー用の開発機材、ハイエンドPCといった最新の設備を使った開発を行うことが可能となります。ATLは施設や機材の提供により、ATL客員研究員の取り組みを積極的に支援しています。
https://atl-hiroo.recruit-tech.co.jp/
   

【ATL広尾バーチャル勉強会について】
ATL客員研究員の「UUUPA」氏が、当日にTwitterで告知します。Twitterアカウント(ID:UUUPACOM)をフォローすることで、告知を受け取ることができます。

■お問い合わせ先

株式会社リクルートテクノロジーズ PR事務局 アウル株式会社
TEL:03-5545-3888 FAX:03-5545-3887 MAIL:rtc-ml@aur.co.jp

PDFダウンロード

カテゴリーから探す