ニュース

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. ニューストップ
  3. 貸会議室も民泊も会社の会議室もスマホ一つで開閉が可能に。リクルートテクノロジーズ、スマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」不動産業界を超えた多様なニーズに応えてAPIを公開!

貸会議室も民泊も会社の会議室もスマホ一つで開閉が可能に。リクルートテクノロジーズ、スマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」不動産業界を超えた多様なニーズに応えてAPIを公開!

株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下:リクルートテクノロジーズ)の研究開発機関アドバンスドテクノロジーラボ(以下ATL)は、不動産管理会社の内覧業務利用に特化したスマートロック「iNORTH KEY(イノースキー)」のAPIを無料公開しました。2017年3月の本格展開以降、多くの不動産管理会社にご利用いただいている他、不動産管理会社以外からの利用のお問い合わせも増えてきました。それに伴い、不動産業界以外でもご活用いただけるようにAPIを公開することで、自社サービスへの連携がしやすくなります。無料公開により多くの企業で活用いただくことで、様々な業界での「iNORTH KEY」活用の可能性を広げていきます。

●「iNORTH KEY」API公開の背景

API公開で、不動産業界以外からの様々な利用シーンにも活用できる!

「iNORTH KEY」は、開発者が直接顧客接点を持つという開発スタイルを活かし、利用者からのフィードバックをスピーディーに吸い上げ、日常の業務視点で浮彫になった新たな課題に対応すべく開発を進めています。このような開発スタイルにより、これまでにも様々な機能追加をスピーディーに行ってきました。
今回は不動産業界という垣根を超え、「iNORTH KEY」を自社のサービスと連携して利用したいという声に応え、無料ですべての機能のAPI公開に踏み切りました。これまでは不動産業界に用途を限定することで、利用者の利便性を向上させ、「実業務に最適なソリューション」として導入数の拡大を目指してきましたが、今後はAPI公開により鍵を使う業界であればどんな業界でも使えるという「iNORTH KEY」の可能性を広げていきます。

●「iNORTH KEY」APIの活用事例

「iNORTH KEY」APIは既にいくつかの企業で活用されており、その活用事例の一部をご紹介します。

■貸し会議室・レンタルスペースの「鍵の受け渡し」が更に便利に!

■社名    :株式会社スペイシー
■事業内容  :会議室のシェアサービス「スペイシー」の運営
■Webサイト:https://www.spacee.jp/
  
  
貸し会議室のシェアリングを行うサービス「スペイシー」では、一つの会議室を複数の方が利用するため、これまでセキュリティの強化を進めてまいりました。従来の鍵管理では、鍵の開閉にかかる手間がユーザーに対して負担となっておりました。
そんな中、「スペイシー」が「iNORTH KEY」とAPI連携を行うことで、鍵管理を自動化、無人でスペースを運用することができ、ユーザーとオーナーの双方にとって、ご利用しやすい環境を整えることができます。

※上記サービスは今秋提供開始予定です。

  
  
■民泊サービスへのAPI実装で、「リモート民泊」の利便性が向上!

■社名    :株式会社チャプターエイト
■事業内容  :民泊向けアプリの開発・運営/民泊情報メディア
        訪日観光客向けアプリの開発・運営
■Webサイト:http://www.chapter8.jp/
  
  
チャプターエイトは、チェックイン手続きを民泊ゲストのスマホで完結させ、宿泊者名簿をクラウド管理する新サービス「ABCチェックイン」に、「iNORTH KEY」のAPIを実装しました。
これにより、「ABCチェックイン」の決済機能と連動して、鍵を開け閉めすることが可能となります。実際の鍵の受け渡しの手間が無くなり、宿泊者にとってもオーナーにとってもサービスの利便性が飛躍的に向上します。

  
  
■会議室予約サービスとの連携で、効率的でセキュリティの高い会議室利用を実現!

■社名    :株式会社アークシステム
■事業内容  :メインフレーム基盤/オープン基盤ソリューション
        Webシステム/IT運用管理ソリューション
■Webサイト:http://www.arksystems.co.jp/
  
  
アークシステムは会議室の有効利用を実現するクラウド型来訪者管理・会議室予約サービス「BRoomHubs」を提供しています。来訪者管理機能やチェックイン・チェックアウト機能など豊富な機能を持つ「BRoomHubs」と「iNORTH KEY」を連携させることでよりセキュリティが高く、効率的な会議室運営が可能になります。
これまで鍵による解錠が必要だった常時施錠の会議室においては、鍵の授受が不要となり、大変便利にサービスをご利用いただけるようになります。

お問い合わせ先

株式会社リクルートテクノロジーズ PR事務局 アウル株式会社
TEL:03-5545-3888 FAX:03-5545-3887 MAIL:rtc-ml@aur.co.jp

PDFダウンロード

カテゴリーから探す