リクルートテクノロジーズ メンバーズブログ  Service Design Dayで登壇してきました!

Service Design Dayで登壇してきました!

こんにちは、ゼクシィのUXとアートディレクターを担当している川端です。社内では「こまどり」というあだ名で呼ばれております。

先日、Service Design Dayという、サービスデザインに関するLTイベントに参加してきました。

そもそもサービスデザインとは?

Service Design Network Japanの長谷川さんの言葉を借りますと、

サービスデザインという言葉は(中略) デザイン思考(Design Thinking/デザインシンキング) という概念を具体的にビジネスに落とし込む、 という文脈で用いられています。

サービスデザインとは何か ~デザイン能力はサービスビジネスの不可欠要素に~ | ひらくデザイン | 株式会社コンセント

とされています。

デザイン思考とは、ユーザー理解のためのリサーチから始まり、実現に至るまでの一連のサイクルもって問題解決していく、という考え方なので、

サービスデザイナーとはつまり、

  • 多岐にわたるスキルを持ち、
  • 組織の中でリーダーシップを発揮 しながら
  • サービス全体の設計を考えていくロール

と言えます。

Service Design Dayとは?

「サービスデザイン」という思考法・手法の啓蒙組織を目的とした、Service Design Network(以下SDN)というグローバルな団体があります。

SDNは各国に支部があり、それぞれの支部ごとに事業会社エージェンシーアカデミックの3つの分野のエキスパートが代表として運営を行っています。

そして、日本支部の事業会社を代表しているのが弊社の岩佐です。そのため、SDNと弊社は切ってもきれない縁なのです。

そして、SDNでは毎年6/1をサービスデザインの日と定めて毎年世界各地でお祝いをしています。日本でも毎年開催されており、今年も株式会社コンセントさんの素敵なオフィス、amuで開催されました。

Service Design Day 2018 in Japan[SDN Japan Chapter Meetup vol.5]

会場の様子はこんな感じ

今回は、関西支部と中継を結び、2拠点で同時開催されていました。

発表内容

発表されていた内容は多種多様で、クラシック業界でサービスデザインを実施された方や、地域おこしにサービスデザインの手法を用いられた方がいらっしゃいました。

サービス立ち上げや立て直しという重要な局面で、サービスデザインがどのように機能して、どのような効果を生み出すのか、を様々な事例を通して学ぶことができました。

また、弊社からも私と反中(たんなか)の2名でLTに登壇させていただきました。簡単にですが2名の報告内容についてご紹介します。

AIとサービスデザイン(Adobe Summit報告)

これからのマーケティング活動は変わろうとしています。

1つは点のデータから線、そして面のデータに変わろうとしていること。つまり、カスタマーの1アクションだけをみるのではなく、それまでのカスタマーの行動を元に情報を提供することが必要になってきます。
2つめは、今後AIがますます高度になるにつれ、上記のデータをリアルタイムで高速に計測し、AIから様々な施策のパターンを提示してくれるようになること。
3つめとして、私たちの冗長な作業時間を低減し、新しいことにチャレンジする時間がどんどん増えていきます。

それは新しいカスタマーと接触するチャネルの構築(特にオフラインでのチャネルがアツい!)や、そこでのコミュニケーションのデザインをしていくことが、今後の仕事の1つになりうるということなのです。

私が担当しているゼクシィでも、アプリやスマホサイトなどのオンラインメディアだけではなく、雑誌やカウンターといった、オフラインでのチャネルがあります。そういった接点の統合の重要性が今後ますます増していくな、と感じました。

↓スライドシェアはこちら

AIとサービスデザイン(Robin in Las Vegas) from Akiko Kawabata

上海デザイン見聞記

こちらは反中の発表です。

最近、上海でモバイル決済や信用情報の可視化など、様々な革新が起きている、という話はいろいろなメディアで取り上げられていますが、実際に3月に上海に行って見てきた衝撃を、
1. ペイメントがやばい
2. OMO(Online Merged Offline)がやばい
3. ジャーニーがやばい
という3つのポイントで紹介しました。

特に、3つめのポイントは、コンバージョンに一直線に向かっていく伝統的なファネル型マーケティングから、カスタマー体験を考慮したジャーニー型へ転換する動きが生まれている、という話で、Adobe Summitの話と通じるところが感じられました。
こうした、グローバルでのマーケティングやサービスデザインの大きな潮流を感じられることも、こうしたイベントに参加する大きなメリットですね。

↓スライドシェアはこちら

上海CX見聞記 shanghi CX repot from Nozomu Tannaka

リクルートでのサービスデザイン

サービスデザイナーという役割は、日々重要性を増し(多様性も増し)、人数も増えてきています。
我々リクルートテクノロジーズのサービスデザイン部も、多用なケーパビリティを持ったメンバーが様々な取り組みをしております。

例えばサービスデザインを体系的に学ぶ「UX BootCamp」の取り組みでは、実際に弊社社員が講師となって、それぞれのスキルを学ぶことができます。

サービスデザインを体系的に学ぶ!社内研修『UXブートキャンプ』に潜入してみた

また、Customer Experience Designグループ(CXDG)というグループもあり、日々リクルートを取り巻くサービスの価値創造を行なっています。

CXデザイングループのご紹介~取り組みと、大切にしていること

ぜひ、ブログの記事をのぞいてみてください!
https://recruit-tech.co.jp/blog/category/ui-ux/

また、今回のようなイベントは、Service Design Network Japan ChapterのFacebookページでも広報されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

SDN Japan Chapter