採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 代表取締役社長からのメッセージ

代表取締役社長からのメッセージ

ご応募いただく皆様へ 株式会社リクルートテクノロジーズ 代表取締役社長 北村 吉弘

より便利で楽しい世の中へ、その力になりたい

私たちの挑戦は、直接的にはグループの競争優位性を高め、競合プレイヤーたちに勝つためのものです。しかし、決してそれだけに留まるものとは考えていません。なぜならリクルートの多種多様なネットサービスは多くのクライアント・カスタマーに利用され、大きな社会的な影響力を持っているからです。私たちが存在することでこれらのサービスを進化させ、新しい価値を生み出し、社会に貢献できること。眼差しや意識をそこに置けるから、喜びややりがいを感じられる。社名に用いているテクノロジーという言葉には“特定の技術や手法だけでなく、生活をより便利に楽しく生産的にする力の源泉”という意味がありますが、まさに仕事を通してそんな力になりたいというのが一人ひとりに共通する想いでもあります。

ストレッチが効いた、ワクワクするような仕事

講演などを通じてリクルートグループ内のIT・ネットマーケティング事例を外部に発信する機会は増え続けています。そこで改めて実感しているのは、私たちが手がけている分野それぞれが国内有数のレベルにあるということです。リクルートグループがネットビジネスにおいて取り組んでいることの先進性、スケールの大きさとダイナミズム、そしてバリエーションの多さ。この世界にいる人であれば、そのことが自身の仕事の広がり、進化のスピードに直結していることを理解していただけると思います。実際、キャリア入社者の社員たちの多くも、そこに魅力を感じてくれています。私たちもこうした人材の成長意欲や期待に応えていけるように、若いうちからストレッチが効いてワクワクできるような仕事を積極的に任せるようにしています。

社員一人ひとりが、その分野の第一人者を目指してほしい

私たちが行うプロジェクトの進め方にはこだわりがあります。それは様々な可能性の中から最適な選択肢を、私たち一人ひとりがボトムアップでジャッジして進めていくことです。そのためには、2つの動きが求められると思っています。1つ目はサービスを理解して、プロジェクトを進めるかどうかも決まっていないような上流から、企画者と一緒に考え抜くこと。2つ目は外部企業のパートナーに対して、彼らを上回るスキルや知識をもとに推進していくこと。つまりそれぞれの分野における第一人者であることが求められます。しかし逆に言うなら、この分野において第一人者を目指すなら、私たちの会社ほど最適なフィールドはない。そう断言することができます。

ソリューションを展開する私たち一人ひとりがテクノロジーを磨き続けることで、個人の成長とリクルートグループの成長を実現する --- 共感いただける仲間をおむかえできることを、楽しみにしています。

代表取締役社長

北村 吉弘