採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介
  4. T.I 2014年中途入社

技術力を駆使してサービスをもっと便利に T.I 2014年中途入社

若いエネルギーに溢れた会社

もともと技術力には自信があったんです。前職のSIerで新規技術の研究開発に7年間携わっていて、新しいものに触れるおもしろさも感じていました。しかし同時に、自分の開発した技術がなかなか世に出ていかない、フィードバックをもらえないというジレンマもありました。ちょうど子供が生まれたタイミングで、将来「お父さんはこのサービスを作っているんだよ」と説明できるような仕事をしたいという想いが湧いてきたこともあり、巨大なカスタマーサービスを扱っているリクルートの扉を叩くことにしました。
リクルートテクノロジーズを選んだ決め手は、若い社員の裁量の大きさ。そもそも面接で会った方が皆若く、若い人に力や勢いがある会社だなと実感しました。自分のスキルへのフィット感もありましたが、自身のこうなりたいというWillに共感してもらえたのが大きかったと思います。

基盤と開発、2つのチームで異なるやりがい

入社後は事業会社のフロアに席を構え、「フロムエー」の開発チームにアサインされました。いちエンジニアとして、自分の技術を伸ばすのに非常に役立つ仕事だと感じています。業界でもトップクラスの大きなシステムをいかに効率的に動かすのか、事業やカスタマーからのニーズに対し技術的にどう応えていくのか。ゼロから新しいサービスを開発するのとは違い、代々受け継がれてきたものに手を加えていくため、当然いろいろな制約があります。それを乗り越え、正しく動作させながら、素早く開発することは難易度が高く、だからこそ達成感や新しい発見があると感じています。
また開発チームとは別に、基盤チームも兼務しています。各サービスの開発チームを横断的に見て回り、開発環境を整備していくという役割。技術者としてはなかなか面白い仕事です。リクルートテクノロジーズには機能に特化した専門の部隊がおり、彼らと連携して各分野の最新の技術を取り入れながら、システム開発を行います。例えばビッグデータに関するソリューションやアーキテクチャー、UI・UX、またSEOなどさまざまなタイプの専門家がいるため、彼らの知見を得ながらサービスのやりたい世界を実現していく。ものすごくやりがいを感じる瞬間です。我々エンジニアもすべての最新技術を追えるわけではないので、そうした専門家の存在は非常に心強い。そして何より技術的に面白いことに挑戦しやすくなるというのが大きいですね。  

ワーキングスタイル

9:00
出社
9:00〜10:00
メールとチーム内Wikiチェック
10:00〜11:00
アプリチーム、基盤チームとの朝会
11:00〜12:00
他チームと案件実装方針に関するミーティング
12:00〜13:00
ランチ
13:00〜14:00
チーム戦略についてミーティング
14:00〜15:00
チーム横断の開発基盤検討のミーティング
15:00〜16:00
チーム内Wiki記事の作成
16:00〜18:00
開発・テスト基盤構築
18:00〜19:00
所属するグループのチームリーダ会
19:00
退社

CTO、そして新たなプロダクトの開発へ

将来的にやりたいことはハッキリしていて、1つはCTOをやりたいと。より戦略的なところから食い込んでいって、事業の根幹となる基盤をつくっていきたいという想いがあります。
今はそのためにいい環境だと思っていますね。事業と深くコミュニケーションしつつ、ビジネスの動きを身近に感じながら開発できる面白さと、最新技術のキャッチアップがし易いのが魅力です。何かをやりたい!と思ったときに、説得する上司が少ないという組織体制も、いろんな場数が踏めますし、根拠となるロジックの組み立て力を鍛えられるという意味で、将来のやりたいことにつながっているのかなと思っています。

キャリア遍歴

キャリア遍歴
  1. SIerへ新卒入社。
    R&Dの部署に配属となり、新規技術の調査・検証と現場への装着を担当。
  2. カスタマにより近いサービス開発の場を求め、
    リクルートテクノロジーズに入社。
  3. リクルートジョブズのフロムエー開発チームにアサイン。開発チームの立ち上げから、開発プロセス/開発基盤/チームビジョンの構築に奮闘。
  4. フロムエーのチームリーダ、リクルートジョブズ横断の開発基盤チームを兼任。リクルートジョブズ全体のビジネスを支える強いシステム・組織を作るために日々挑戦中。