採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介
  4. D.A 2013年中途入社

UXデザインを全社に浸透させるために D.A 2013年中途入社

リクルートのネット企業としての実力は高い

転職前は、自分でWebサービスのベンチャー企業を経営したり、UXデザインのコンサルタントとして活動していました。リクルートテクノロジーズに転職することを決めたのは、経営層とUXデザインについて話したことがきっかけ。お互いに同じ課題を共有することができたからです。とはいえ、入社する前はリクルートのネット企業としての実力をだいぶ低く見積もっていました。実際に入社してみるとSIerと比べてビックデータやサイトのフロント・エンドなどの技術的にも遜色ないばかりか、マーケティングにおいても有識者が多く、検討も一歩進んでいる印象を持ちました。もともとリクルートは「ユーザーのため、社会のため」というのがサービスの出発点。ユーザーの体験価値に重きを置くUXデザインとの相性も良かったのです。

自ら事業側に入り込み、UXデザインの現場を動かしていく

この会社での私のミッションは、リクルートグループの事業側にUXデザインの思想とプロセスを落とし込むこと。私自身が事業側に入り込み、一緒にKPIを追いながら事業そのものにコミットしていくのです。具体的には、それぞれのサービスにエンハンスのシステムを装着し、PDCAをひたすら回していきます。そうして事業に対する効果を確認していくのです。最初はUXデザインの導入に対して懐疑的だった事業会社のメンバーも、実際に効果が出始めると意識が変わっていきました。リクルートの社員は論理立てて話せば伝わる人ばかり。「なるほど」と納得してからのスピードが速いのも特徴です。また、課題意識を持っている社員が多く、ディティールより本質を大切にする。営業とエンジニアが同じ視点で議論できる点も、この会社で働く大きな魅力だと思います。その結果、コンサルタント時代は提案だけで終わってしまっていたものが、ここでは自分も中に入って下から積み上げていくことで一つひとつ着実に形になっていく。以前と比べても、仕事の成果を大きく実感できますね。加えて、リクルートテクノロジーズでは幅広い事業と関わることができます。様々な仕事を経験することで、UXデザインのスペシャリストとしての価値、キャリアを構築することも可能だと思います。

ワーキングスタイル

09:00
出社
09:00〜10:00
R&Dテーマ進捗定例ミーティング
10:00〜12:00
ゼクシィのサイトのプロジェクトミーティング
12:00〜13:00
ランチ
13:00〜15:00
メールチェック
15:00〜17:00
マネジャー会
17:00〜19:00
じゃらんのサイトのプロジェクトミーティング
19:00〜20:00
ワーク
20:00
退社

グループ会社を巻き込み、UXデザインを浸透させていきたい

UXデザインの浸透は、全社を巻き込んだプロジェクト。技術だけでなく、マーケティングやアートディレクションなど、多岐の能力をバランスよく追求できる人材が必要です。この会社でなら、リクルートグループを横断してUXデザインを浸透させていくことができると思います。手を挙げれば何でも挑戦できる会社ですし、社長をはじめ経営層も常に現場を見ている環境です。

キャリア遍歴

キャリア遍歴
  1. 1997年。新卒で自動車メーカーに入社。生産技術のエンジニアとして研究開発に携わる。
  2. 2000年。自動車メーカーを退社し、独学でさまざまな勉強に励む。
  3. 2001年。単身渡米。アートスクールでプロダクトデザインを学ぶ傍ら、フリーランスとして活動する。
  4. 2003年。帰国。東京を拠点にフリーランスとして活動。ロンドン、香港、ニューヨークの国際的なプロジェクトに参加し、プロダクト・インテリア・グラフィックといった幅広い領域のデザインに携わる。
  5. 2013年。リクルートテクノロジーズに入社。現在はマネジャーとしてグループ全体のUXデザインをさらに強めるべく、日々邁進中。