採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介
  4. Y.O 2008年中途入社

3年越しで自らの提案を実現 Y.O 2008年中途入社

意思決定のプロセスが一番学べる環境だと思った

社会人生活はSIerのプログラマーからスタートしました。PL、PMとより上流工程に携わるにつれ、意思決定を行う当事者として働きたいという思いが強くなっていきました。リクルートに決めたのは、世の中に提供しているサービス自体に惹かれたことと意思決定のプロセスを一番学べる環境だと思ったからです。入社後は共通基幹システム部に配属され、リクルートグループ向けの会計システムを担当することに。転職して1年ほど経った頃に新しい精算業務の仕組みを提案しました。しかし、上司からは「今の仕組みでもできるよね?」「なぜ、変える必要があるの?」と約3年間ずっと返り討ちに(笑)。現場の社員は必ず喜ぶ仕組みだと思っていたのですが、会社が決断するメリットを自分でも言語化できていなかったのです。

3年目にようやく提案が通り、プロジェクトリーダーに

そこで通常業務の傍らでアンケートを取り現場の声を整理しつつ、まず現場の社員が精算業務にどのくらいの時間を要しているかをストップウォッチを片手に計ることから始めました。次に、新しい仕組みを導入した場合の時間を想定し、その時間差と従業員数を掛け合わせることでどれだけの工数が削減できるかを算出。つまり、新しい仕組みを導入する目的を、コスト削減であると明示したのです。すると、今度は上司から「できるだけ早く導入しよう」という返事をもらい、私自身がそのプロジェクトのリーダーになることになりました。立場に関係なく、言い出した人が中心になる。これはリクルートの素晴らしい文化のひとつだと思います。とはいえ、リクルート全体を巻き込むプロジェクト。誰と交渉すればいいのか、どのようなパートナーと組めばいいのか、わからないことだらけでした。周りの人たちの力もたくさん借りながら一つひとつの工程を積み重ね、いよいよ新しい精算業務システムが稼動。経理の部署に多くの従業員から「ありがとう」の電話がかかってきたと聞き、本当にうれしかったですね。その後は、新しい基幹システムの構想を考え、プロジェクトを立ち上げたところで産休に突入。多少の心苦しさはありましたが、子育てを満喫しました(笑)。ちなみに、私は転職先を選ぶ際に女性が一生働ける会社かどうかという視点も大切にしていました。リクルートなら女性社員が多く活躍しているし、もし必要であれば新しい制度もどんどん導入してくれる柔軟性があると感じられたことも、転職を決意した大きな理由でした。

ワーキングスタイル

09:00
出社
09:00〜10:30
メールチェック
10:30〜11:00
メンバーと課題対応方針検討
11:00〜12:00
システムオーナー部門と次期システム構想のディスカッション
12:00〜13:00
ランチ
13:00〜13:30
マネジャーとミーティング
13:30〜15:00
資料作成
15:00〜16:00
有識者と次期システム構想のディスカッション
16:00〜17:00
調べもの、資料作成、メンバー指示など
17:00
退社 育児&家事、1〜2時間ほど仕事(在宅勤務を申請しています)

子育てを経験して、仕事のやり方にも変化があった

育休から復帰した後は、リクルートグループの情報共有基盤の次期計画を練るにあたってのレポート作成から仕事をスタートしました。自宅でも作業ができる内容だったので、ちょうど良いリハビリになりましたね。また、子育てを経験したことで仕事のやり方にも変化がありました。以前は、自分にも他人にも厳しすぎるところがありましたが、今は大きく構えていられるようになりました。今後も、変化を楽しむ気持ちを忘れず、常に提案し続けていきたいですね。

キャリア遍歴

キャリア遍歴
  1. 2001年。新卒でSIerに入社。プログラマーとして商品開発に携わり、その後PL/PMを経験。この頃から、顧客接点と提案することがやりがいになる。その後、IT営業支援やプロジェクトを掛け持ち、もっと顧客に深く入り込みたいと思うように。
  2. 2008年。リクルートに転職。会計システムの大規模プロジェクトにアサインされ、知識を身につけながら働き方も学ぶ。時間を見つけては、気になる改善・提案ネタを深堀する。
  3. 2010年。企画提案した社内業務システムがカットオーバー。企業が投資を判断するプロセスや、社内システムの効果をどう見るかを学ぶ。現場からの感謝の電話が嬉しかった!
  4. 2012年。グループ会計システム構築プロジェクト立ち上げ、その後産休・育休入り。子育てを満喫する。
  5. 2013年。10月に復職後は、社内情報共有基盤の次期サービス検討を担当。世の中の流行りを追うのではなく、リクルートグループとしてどうすべきか、を考える難しさを痛感。現在プロジェクトを立ち上げ中。