採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介
  4. M.Y 2010年中途入社

すべての仕事が、成長の大きな糧に M.Y 2010年中途入社

想像以上に技術に強い会社だった

コーディングからプロジェクトマネジメント、保守運用まで。さらに、その対象もインフラ構築からアプリケーション開発まで、SIerでやれることはやり尽くしたと思ったのが入社7年目のとき。今後はより上流でプランニングやそもそものビジネスを考える部分を経験したいと思ったんです。また、自分自身が飽きっぽい性格だったことも、幅広い事業分野を抱えるリクルートに興味を持った理由でした。ただ最初は正直、技術に関してはまったくなめていて…。「よし、俺が教えてやろう」くらいの気持ちでした(笑)。それが入社すると技術に詳しい人が多く、それも知識だけでなく、実務の部分が相当に鍛えられている人たちばかりで、入社後は本当に毎日が刺激的ですね。

頼まれた仕事は断らず。さらに踏み込んで

最初に参加した案件は、じゃらんのIDやポイントを共通化するためのシステム開発。いきなり「性能試験チームをよろしく」と告げられ、10名以上のメンバーを託されました(笑)。その後は、そのシステムのエンハンスを担当。他事業や他サービスが使うための汎用性を持たせるように改修を重ねていきました。SIer時代は納品して終わりだったので、ユーザーの声をもとにシステムを改修する作業は新鮮でしたね。また、この頃から同時に電子書籍のシステム担当も兼務することに。もしリクルートが電子書籍を出すとすると、システムはゼロからつくるのがいいのか、どんなシステムなら自分たちのやりたいことを実現できるのかなど、事業側の担当者と一緒に事業内容やシステムについて何度も意見をぶつけ合いました。ここでもSIer時代には経験できなかったシステム要件以前の仕事を経験でき、自分自身の仕事の幅を広げることができたと思います。
さらに、2年目の年末には部署を異動。ある事業部の「メールマガジンのサービス利用料を下げたい」という依頼をきっかけに、リクルートグループ全体のASPサービスの整理を担うことになりました。事業側やパートナー企業側の目に見えないニーズまで見つけ出し、交渉していく作業は想像以上に面白い仕事でしたね。そして、3年目の夏からはクラウドの移行を行うチームも見ることに。頼まれた仕事は断らず。リクルートでの3年間は、想像していた以上に濃い時間が流れています。

ワーキングスタイル

08:00
出社
08:00〜09:00
メールの確認
09:00〜10:00
導入を推進しているプロダクトの設定・コーチング
10:00〜11:00
導入検討しているASPとのミーティング
11:00〜12:00
メンバーの相談ミーティング
12:00〜13:00
ランチ
13:00〜13:30
基盤システムのリーダーミーティング
13:30〜14:00
パートナーの方と打合せ
14:00〜15:00
来期計画の検討ワーク
15:00〜16:00
チーム会
16:00〜17:00
マネージャーへ業務進捗報告ミーティング
17:00〜18:00
メンバーの採用面接
18:00〜18:30
翌日の資料作成
18:30
退社

「次も一緒に仕事がしたい」と言われる仕事を

将来は情報戦略を背負って立つ存在になりたいと考えています。そのためには、社内外を含めて名前をもっと売っていかなければならないし、お金やマネジメントに関してももっと強くならなければいけません。道のりはまだまだ長いですが、私自身、どんな仕事をするときも大切にしていることがひとつあります。それは、一緒に仕事をしている人に「次も一緒に仕事がしたい」と思ってもらえるような仕事をすること。その先にきっと目指してる姿があるのだと思います。

キャリア遍歴

キャリア遍歴
  1. 2003年。大手外資SIerに入社、携帯キャリア案件配属テスターから、C++でテストシミュレーターの作成、サーバーラッキング、OS等インフラ構築を実施。任せてもらえるものは何でも実施するが、要求レベルについていけず多々ボコボコにされることも。
  2. 2004年。携帯キャリア案件で開発チームのリーダーを担当。要求レベルの高いプロジェクトでリーダーとして苦戦しつつも、最後は無事カットオーバーを迎え、顧客に感謝されました。
  3. 2005年。携帯キャリア案件でプロジェクトマネージャー補佐を任されるが、非常に厳しいプロジェクトで残業時間がワールドワイド No1を取得してしまう。
  4. 2010年。SIer側で提案から保守運用まで一通り経験し、改めてユーザー企業側での業務を経験したいと考えてリクルートに転職。
  5. 2012年。システム基盤を扱うグループに異動し、サービス企画を担当。基盤システムの企画から外部事業者の窓口となり、業務の幅も広がり日々充実感を覚えながら奮闘中。