採用情報

  1. リクルートテクノロジーズ
  2. 採用情報トップ
  3. 社員紹介
  4. K.I 2008年新卒入社

当事者意識と責任感が醍醐味 K.I 2008年新卒入社

新しい仕組みやアイデアを生み出したい

大学院で社会システム情報学を専攻し、就職活動ではIT企業を中心に探していました。ただ、新しい仕組みや新しいアイデアを生み出すことに興味があり、クライアントの依頼を受けてシステム開発を行うSIer系の企業ではなく、自分たちでサービスそのものを創造するユーザー企業に魅力を感じていました。最終的にリクルートに決めた理由も、それがひとつです。そして、もうひとつは社員が皆、自分自身のビジョンを持って仕事と向き合っているということでした。「サービスをもっとよくしたい」「市場を変えたい」など、ここでは職種も年齢も関係なく夢を語り合うことができ、日々、さまざまな人たちから大きな刺激をもらっています。

責任感が成長をもたらしてくれる

入社3年目にカーセンサーのサービスリニューアルのプロジェクトに参加しました。自ら「プロジェクトリーダーをやりたい」という意志表示をしたら、当時の上司が「成長のために」とチャンスをくれたのです。しかし正直にいうと、あまりうまくいきませんでした。周囲は「よくチャレンジした」と声を掛けてくれましたが、悔しかった。プロジェクト経験はもちろん、周囲と信頼関係を築くことの大切さを身をもって感じました。
現在は、マネージャーという立場で、SUUMOを運営するリクルート住まいカンパニーのシステム化戦略の立案、トッププライオリティ検討の2つのプロジェクトの立上げを担当しています。システム化戦略では、経営戦略に鑑み、どのIT案件を優先的に行うか、どう実現するかを整理し、経営ボードと合意します。ここでは、徹底した経営視点を求められ、ITの視点で事業を成功に導く責任と期待を強く実感しました。担当するプロジェクトの1つは、新規事業を一から構築するものです。単純にシステムを作るだけなく、ITのプロとしてリクルートグループの他サービスに携わってきた知見から、「もっとこうすればよくなるのではないか」と事業側のサービス企画者と同じ目線で検討しています。こうした当事者意識と責任感を持って仕事ができることこそ、リクルートグループでシステム構築に携わる面白さのひとつかもしれません。

ワーキングスタイル

09:00
出社
09:00〜10:00
社内外のメンバーとプロジェクトのミーティング
11:45〜12:45
同僚とランチタイム。大手町丸の内周辺を散策
13:00〜15:00
事業メンバーとプロジェクトの新企画を検討
15:00〜17:00
報告資料の作成
17:00〜18:30
プロジェクト運営について経営ボードに報告
18:30〜19:30
翌日の会議準備、新企画の調査検討
19:30
退社
その後、会社同僚と飲みに行く。最近は丸の内の立ち飲みによく出没します

まだ見たことのない景色を見るために

この先は、より責任のある立場、より刺激のある立場で仕事をしてみたいと考えています。具体的には、これまでずっとシステムに携わってきましたが、今後はビジネスやサービスについての知識を増やし、経営の視点、マネジメントの視点も磨いていきたいと思います。そうして現部署で鍛え上げたITの視点に、経営マネジメントの視点を組み合わせることで、この会社の将来を担う人材になることができればと思っています。

キャリア遍歴

キャリア遍歴
  1. 2008年。新規サービスのシステム開発プロジェクトにプログラマやリーダー補佐として参画。ビジネス検討〜サービスリリースまでの一連の流れと実装を経験した。
  2. 2009年4月。新規サービス&基盤再構築プロジェクトや次期アドネットワークの全社戦略の検討などを経験。外注のシステム開発がうまくゆかず、サービスに大きな影響を与えた。マネジメントの重要性を実感。
  3. 2009年9月。カーセンサー構造改革プロジェクトに参画。メンバー50名近くのプロジェクトリーダーとして抜擢され、全体をリードするポジションで自分自身の成長を実感できた。
  4. 2010年。SUUMOにおけるクライアント向けWebサービスの構築プロジェクトの現場リーダーとして全体を推進。今までの経験の集大成となるプロジェクト。
  5. 2012年。某グループ会社の基幹系システム再構築のプロジェクトリーダーとして参画。部署初の某グループ会社のプロジェクトをマネジメントすることに。